LIFE

新卒で就職先に迷ったらIT企業に入るべきという話 【メリットだらけです】

 

こんにちは、ふくペイです。

 

大学3年生の方は、そろそろ就職のことを考えていく時期になりましたね。

楽しい仕事がしたい

忙しくても良いから給与が高いところが良い

など、色んな条件が頭の中を巡っているのではないでしょうか。

 

 

ぶっちゃけ、IT企業に入れば良いと思います。

今回は実体験も交えて記事を書きます。

 

IT企業で働くことはメリットだらけ

デメリットよりもメリットの方が多いです。

 

将来性がある

基本的にIT企業で働いておけば、将来報われると思います。

 

理由は簡単で「成長市場だから」ですね。

 

市場が伸びていると、下記のような流れが起こります。

①会社の売上UP

②人材育成や新規サービスへの投資資金が出来る

③実力がつきやすい環境が整う

④自分の価値が高まるのでどこでも通用する人材になる

メリットしかないですね。

もし万が一会社が潰れても、自分の価値を高めておけば将来も安心です。

 

給与が高い

基本的にIT企業は人材不足なので給与が高いです。

会社は高い給与を払い、必死で人材を囲い込んでいます。

 

「働き口はいくらでもある」からですね。

 

ぶっちゃけ、会社で働く必要はないんです。

スキルがある方はフリーランスで働いている方も多いですし、その方が稼げたりもします。

なので会社としては、従業員が辞めないように高い給料を払って囲い込みます。

新人の頃から高い給料を貰えるところも少なくないので、

スキルが身に付くまでは会社で働いて、その後に独立。

というのも良いかもしれませんね。

 

色々なことが自由

例えば下記です。

 

・サンダルで勤務

・昼過ぎから業務開始

・家で仕事

 

他の一般企業ではあんまり出来ないことですよね。

今は働き方改革で、上記のようなこともOKな企業が増えているとは思いますが、少数かと思います。

 

IT企業はパフォーマンスが出ていれば、結構何でも許されます。

 

暑い中、スーツをカチッと着て仕事をするなんてまずありません。(個人の好みによりますが)

何かに縛られるのが好きじゃないという方は、IT企業がおすすめです。

 

デメリットもある

メリットだけ書くのも怪しいので、デメリットも書いておきます。

 

残業が多い

残業は多い傾向にあります。

特にプロジェクト終盤で納期が近いときは、覚悟を決める必要があったりします。

 

向き不向きがある

どんな仕事でも向き不向きはありますが、IT企業の方が顕著だと思います。

文系出身からSEとかだと、結構早く辞めちゃったりする方がいますね。

少なくとも数字や英語に抵抗がある方は、受け入れられるかを考えた方が良いです。

 

まとめ

記事は以上です。

新卒で就職に迷ったらIT企業に入ればOKです。

理由は下記です。

 

①将来性があるから

②給与が高いから

③色々と自由だから

 

以上、IT企業勤務の独身男性の呟きでした。