Gadget

Macの時短ショートカットキーまとめ【快適なMacライフをどうぞ】

 

こんにちは、ふくペイです。

 

今回は、Macでの作業効率を上げるためのショートカットキーをご紹介します。

これさえ覚えておけばOKというものに絞ってピックアップしているので、

サクッと読めるかと思います。

 

 

こんな方にオススメの記事

・Macを買ったばかり

・Macでの作業効率を上げたい

 

以下、ご紹介します。

 

 

基本操作

 

どんな場面でも使える基本のショートカットキーです。

逆にこれらを覚えておかないと、作業効率が爆落ちします。

command + X:切り取り

command + C:コピー

command + V:貼り付け

command + Z:取り消し

command + F:検索

 

書類やアプリ共通

 

書類やアプリケーションで共通のショートカットキーです。

command + T:新しいタブを開く

command + W:ウィンドウを閉じる

command + S:ファイルを保存

command + O:ファイルを開く

command + Q:アプリを終了

 

文字入力

 

ブログや書類に文字を入力する時に使えます。

ブロガーの方は必見。

command + B:文字を太字にする

command + セミコロン (;):スペルが間違っている単語を検索

control + D:右側にある文字を削除

control + A:行の先頭に移動

control + E:行の末尾に移動

 

ウィンドウの切り替え

 

いくつかのアプリやウィンドウを開いている時に使います。

command + tab:アプリケーションの切り替え

command + option + ←(または→):タブの切り替え

 

強制終了

 

フリーズなど、システムからの応答がない時に使います。

command + option + esc:アプリの強制終了(専用のダイヤログを開く)

電源ボタンを押す:PCをシャットダウン ※上記でも反応しない時の最終手段。

 

まとめ

 

Macで作業効率を上げるショートカットキーは以上です。

意外と少なかったかと思います。

とりあえずこの記事にあるものだけ覚えてしまえば、ぶっちゃけなんとかなります。

使わないと忘れてしまうので、まずは使ってみてくださいね。

それでは、快適なMacライフを!

 

 

Macを買ったばかりの方はこちら

→Macの初期設定【とりあえず使えるようにするまでの手順】